FX会社選び2011年の法則

昨年(2010年)はFX業界は大きな変化の年でしたね。なかでも影響が大きかったのはレバレッジ規制。

それまで500倍とか700倍とか、超ハイレバレッジで取引できる会社もありましたが、2010年8月以降最大で50倍までとなりました。

これは大きいですね。ハイレバレッジの会社の平均的な倍率は200倍くらいでしたけど、それが50倍になると、資金量が同じなら4分の1の取引しかできません。逆に同じ取引量を求めるなら4倍の資金が必要になりました。いやおうなく、取引量は減りますよね。

業界関係者によると、規制後に2~3割減ったんじゃないかといわれています。

ま、でも予想よりは影響は少なかったみたいです。規制によってFX会社の経営が悪化するんじゃないかと騒がれていましたが、実際にはそこまで深刻な状況に陥っていません。むしろ9月に日銀の介入があったことでFX取引も活況になり、規制の影響を打ち消す形になっているのも事実です。

さて、このレバレッジ規制は今年(2011年8月)にさらに25倍まで引き下げられます。まさにFXは新時代に突入したといってもいいでしょう。

こんな新時代のFX会社選びはどうしたらいいのでしょう。
10のポイントを考えてみました。
(続きは次回に)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です