無料プレゼント

この【ハピトレ FX 超入門】はこれからFXを始める人の入門書です。


FXは気になっているけれど、なかなかきっかけがつかめない、という人はまずこの入門書を読んでみてください。

FXは何億円も脱税するほど儲ける人もいますが、そういう人は夜も眠らずにパソコンに張り付いていたり、トイレにいくのを我慢してトレードしていたりします。普通の人には無理ですよね。そこまで儲からなくてもいいから、ズボラな自分でもできる方法がないか? なんて思いませんか? FXではもちろん、そんなズボラ投資法も可能です。でも、その前にキホンは抑えなければ失敗します。このレポートでまず、FXのしくみを理解してはいかがですか?


ズボラな自分でもFXで儲けたい! という人はいますぐこの無料入門書を手に入れてください!





FX会社選び2011年の法則-9

2011 2月 28 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by ハピトレ

■執行力、システム安定

注文が約定しなければ意味がない

 FX会社を比較するときによく出てくるのは手数料やスプレッドですね。数字で比較できるからわかりやすいです。でも、それよりも最近注目されているのが執行力です。
 執行力??なんだか難しそうな言葉。執行で思いつく言葉といえば、「●●執行」くらいしかありません。そのせいか、いいイメージは湧きませんね。
 そんなことはともかく、FXの執行力とは、注文した値段できちんと約定するか、という意味です。
 手数料が安くてもスプレッドが狭くても約定しなければなんにもなりませんからね。注文した値段で約定するのは当たり前、と思っている人も多いかもしれませんが、FXの世界では違うんです。注文ボタンを押しても押しても拒否、ようやく約定したときにはレートが動いていた、なんてもことも少なくありません。
 日ごろから執行力が弱い会社は相場が大きく動いたときには、さらに約定しない可能性が高くなってしまいます。注文ができずにチャンスを逃したり、損切りができずに損失が拡大したりしないように執行力は大切って言うわけですね。
 執行力も簡単に確かめる方法がありません。デモ口座で試してみるとか、実際の口座で何度か取引してみるとか、実践してみるしかありませんね。面倒ですけど、損益に大きな影響がありますからチェックしてみてください。

(続きは次回)

«  FX会社選び2011年の法則-9  »

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

特別プレゼント

困ったときに役に立つFX用語集を無料でプレゼントします。

メールアドレス登録後に、困ったときに役立つFX用語集をダウンロードできます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン、『ハピトレ FX超入門』(発行者:はっちー)に登録されます。

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

困ったときのFX用語集無料

お名前
例)佐藤 太郎
aaaなどの名前は削除します
メールアドレス
例)mas11aki@yahoo.co.jp
フリーメール以外をご登録ください