スプレッド最小、スワップ最高 DMM.COM

こんにちは。

FX会社(店頭FX)の競争は

レバレッジ倍率→手数料→スプレッド

変遷してきましたけど、

そのたびにFX会社は薄くなって

大変ですよね。

それまで、手数料やスプレッドの一部が

FX会社の収益源になっていましたからね。

スワップポイントもそのひとつです。

現在、円の金利は低いので、

スワップポイントは、「買い」のときには受け取り、

「売り」のときには支払うのが一般的です。

しかも、同じ通貨ペアで「買い」で受け取る金額と

「売り」で支払う金額には差があります。

一般的に。

たとえば、豪ドルの「買い」でもらうスワップポイントが

1万ドル当たり、80円だとすると、

「売り」で支払うスワップポイントは85円だったりします。

この差額の5円もFX会社の収益源になっているわけです。

全部じゃないと思いますけど。

その点、くりっく365や大証FXは「買い」のスワップポイントと

「売り」のスワップポイントに差がないのがポイントですが…

店頭FXにもそんな会社がありました。

でぃ~えむ、えむ、どっと~こむの

CMでおなじみのDMM.COM証券です。

DMM.COM証券はスプレッドは業界最小水準で

手数料はゼロ、しかもスワップポイントは業界最高水準と

投資家にとってはうれしい限りです。

それで経営は大丈夫なのかと心配になってしまうくらいです。

もちろん、投資家の資金は全額信託保全されていますし、

1人当たりの利益は薄くても大勢集めれば大丈夫!

ということでしょうから心配はないのですが。

なんか良心的過ぎる気がするのは、はっちーだけでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です