基礎講座

FX会社選びの基礎講座

FX会社を選ぶときのポイントは

大きくわけて3つあります。

信頼性

手数料・スプレッド

売買単位

信頼性は2010年8月のレバレッジ規制によって、

より重要になりました。

これまで自己資金の200倍、400倍の取引が可能なFX会社もありましたが、

8月からは一律50倍以下となりました。2011年8月にはさらに25倍までとなります。

FX会社は投資家が売買すればするほど、儲かる仕組みになっているので、

倍率が下がって、売買量が減ると、儲けが少なくなります。

今後、破綻する会社があるかもしれません。

破綻しても投資家の資金は保護されるしくみなっていますが、

それも完全かどうかわかりませんし、ポジションはその時点で決済されるので、

不利であることは間違いありません。

信頼性を評価する方法はいくつかありますが、

一番、簡単なのはNO.1 FX会社を選ぶことです。

次は手数料とスプレッド。

手数料というのは取引、1回当たり、○円っていう感じで決まっています。

もっとも、いまのFX会社はゼロ円のところが多いですけどね。

スプレッドというのは、売値と買値の差のこと。

そう、FXには2つの値段があるんですよ。

これは金(GOLD)も一緒ですよね。

売値と買値の2つが表示されています。

売値(業者の)はいつも買値よりも高く設定されています。

差額は業者の儲けになるわけですね。

この差額のことをFXではスプレッドといいます。

通貨によってスプレッドは違います。

手数料もスプレッドも安いほうが利益が出しやすくなります。

でも、「すべる」という問題も最近、話題になって、

表示されている手数料とスプレッドでは判断も難しくなりました

3つめの売買単位は1万通貨単位のところがほとんどですが、

最近は1000通貨単位でできるところも多くなりました。

最初のうちは1000通貨単位でチャレンジするほうが

損失が小さくできるので、いいかもしれません。

1万通貨なら1回しかチャンスがなくても

1000通貨なら10回に分けて売買できますからね。

注意しなければいけないのは、手数料。

手数料がゼロになっているFX会社でも1000通貨で売買するときは

手数料が必要なことも多いので、十分確認してください。